Eeepc 901-xに(L)Ubuntuを突っ込んだ話

事の発端


2週間の出張に向けて何を持っていくか悩んでた。
タブレットを持っていくか、ノートを適当に買うか。

要望

ホテルでメールチェック、Wordpress、web閲覧、仕事のクラウドにアクセス、自鯖の録画したアニメをみる等

調べてみると・・・

今は数年前と違って中古も新品もノートは結構高いらしい。
逆にタブレットは安い感じ。

そんな時・・・

youkan

こんなかんじで、押入れに2008年ぐらいに大流行したミニノートのEeepc 901-Xをあるのを発見。
ただこのノート、Xp世代のノートなのに、Xpが満足に動かないぐらいスペックが低い。
(Atom N270 1.6GHz(1C2T)+DDR2-533-2GB + GMA950 +12GSSD + 16GBSDHC)

そこでUbuntuをinstallしてみることにした。

(L)Ubuntuをいれてみる

インストールメディアの作成

Ubuntu公式からisoをダウンロード
unetbootinを使ってbootできるメディアを作成する(CD/DVD/USBメモリ/SDHCとか)
私はSDHCを使った。

Ubuntuをいれてみて

綺麗。
簡単。
Eeepc 901-Xには重すぎた。

仕方ないので軽量化(Lubuntu化)

Gnome -terminalから

$ sudo apt-get install lxde 
$ sudo apt-get install lubuntu-desktop

あとはrebootして右上の歯車から変えるだけでした。

その後
  • Google日本語入力
  • ramdiskの作成
  • /tmpと/var/tmpをramdisk化(?)
  • ディスク周りのチューニング

参考

Ubuntuの高速化チューニング

詰まったことと解決法
  • 日本語化するとDownloadsがダウンロードとかになって端末からの操作に困った

 $ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

で解決

  • /etc/fstabをミスって起動できなかった

Ubuntu(advanced)→Linux(rescure)→Root(read only)で

$sudo mount -o remount rm / 
$sudo vi /etc/fstab

で修正

1行目はかなり便利そう

  • /etc/fstabのディスクアクセスまわりのチューニングで詰まった

これのためにrescureから/etc/fstabを何度も修正したり、起動できないrebootの嵐でちょっとはまってしまいました。

$ sudo tune2fs -o journal_data_writeback /dev/sda1

この一文をfstabを編集する前に実行するだけでずっと困ってた問題はあっさり解決したのであった。

で、結局どうなったのさ?

こうなりました!

左がARROWS Tab LTE F-01D(Androidタブレット) youtubeを720pで再生

右が今回の問題のノート Eeepc 901-X(lubuntu) youtubeを480pで再生
(Atom N270 1.6GHz(1C2T)+DDR2-533-2GB + GMA950 +12GSSD + 16GBSDHC)

CPUカツカツですがなかなかいけそうです。youtubeとニコニコぐらいならなんとか問題なく。
まだタブレットか今回のlubuntuノートか迷ってるけど、選択肢が増えたのはいいですの。

それにしてもLubuntu恐るべし。